バリフ通販の個人輸入で気をつけること

バリフの個人輸入

バリフを通販は内部的に個人輸入をしていることになるので、国が決めたルールをしっかり守って行なうことが大切です。

とはいっても個人輸入のルールは身構えるほどむずかしくはありません。

基本的なルールから応用まで分かりやすく説明していきます。

\たった3分ですぐ買える!/

カマグラゼリー
カマグラゼリー

バリフはレビトラのジェネリックで安く効果的にED治療ができます

【基本編】バリフ通販の個人輸入はとりあえずこれを知っておけばOK

基礎中の基礎ですが、これだけ知っておけば問題ないレベル。順に見ていきましょう。

自分のために買って使う

バリフ通販は自分のために買って使うことが鉄則です。

「友人から1錠だけ欲しいといわれた」
「捨てるのはもったいないから売る」

などなど。個人輸入で買ったバリフは使いきる、もしくは処分するまでが一通り。個人利用の範囲を超えた利用はさけましょう

1回の購入で1カ月分まで

バリフは処方せん薬なので、1回の購入で買える量は1カ月分までとなります。

このルールをもし破ってしまった場合、発送国の税関で没収されてしまうこともあるので注意しましょう。

【応用編】バリフの個人輸入はこれがダメ!

バリフ通販の個人輸入NGルール

個人利用の範囲を超えるとアウトになってしまうのですが、その具体例をピックアップしました。

【1】他人にゆずらない!

購入してからは自分の自由ということではなく、使い終わるまでしっかり責任を持たないといけません。

例えば、もういらなくなったからといってメルカリやヤフオクなどのフリマサイトで出品したり、友人にゆずったりするのはアウト。

もし不要になったらゴミ箱にすぐ捨てるように!

【2】他人と一緒に買わない!

通販で購入の際、注文者と利用者は同じでないといけません。つまり、注文者もしくは利用者が複数いるのはアウト。

きちっとそれぞれのアカウントをもって購入するようにしましょう。

【3】他人の代わりに買わない!

注文者と利用者は同じでないといけないので、他人の代わりに買うのはアウト。

もし誰かの代わりに買う場合、注文者もその人の名前にすれば問題ありません。個人輸入の代行サイトもこのしくみで運営しています。

代行サイトが合法な理由?

個人輸入の代行サイトが合法な理由は注文のしくみに秘密があります。

注文者
「買いたい商品が決まり、決済をして注文完了」

個人輸入の代行サイト
「注文内容と決済状況を確認し、問題がなければ海外の製薬メーカーへそのまま注文」

海外の製薬メーカー
「注文内容を見て問題なければ注文者へ発送」

というように、個人輸入の代行サイトは代理ではなく代行でやっているだけなので問題ではありません。

海外の製薬メーカーと直接やりとりをするとなると言葉の壁があるので、うまく仲介してくれる個人輸入の代行サイトを利用するのがスマートです。

 

バリフ通販 個人輸入メリット

バリフ通販の個人輸入のメリット

バリフ通販個人輸入のメリットは以下の3つ。

【1】海外医薬品を買える
【2】通院が要らない
【3】最低限のコスト

順に詳しく説明していきます。

【1】普通は手に入らない海外医薬品を買える

海外は日本に比べて薬の種類が多いのはもちろん、ジェネリックのシェア率もかなり高いので最終的に自分にあった薬を入手できます。

海外の医薬品でも日本在住で利用している人は意外と多いので、口コミやレビューを見ながら変えるのもポイント。

【2】通院が要らない

通院が不要だと、待ち時間や病院への往復、問診などのムダな時間を省くことができます。

ED治療でストレスになる大部分は通院に関わるものがほとんどなので、バリフ通販だと自宅で済ませられるので気がラク。

【3】最低限のコスト

 通院 バリフ通販
交通費 ×
診察費 ×
薬代

表を見てもらうとわかるように、バリフ通販は薬代のみでコスパが良いことが一目瞭然。

通院をしたとしても、EDが相当な重症じゃない限り飲み薬の処方なので、効果が同じならコストは低いに越したことはありません。

バリフ通販 個人輸入デメリット

バリフ通販個人輸入のデメリットは以下の3つ。

【1】商品到着が遅い
【2】健康被害の可能性
【3】救済制度の対象外

順に詳しく説明していきます。

【1】商品到着が遅い

個人輸入の場合海外からの発送になるので、発送国からの距離や税関審査を考えると、どうしても1~2週間はかかってしまいます。

しかし慣れてくると、ストックが切れる前までに注文しておくクセがついてくるので違和感があるのは最初だけ。

逆に到着が早いと偽物もしくは運営サイトが不正に販売している可能性も。

つまり商品到着が遅いのはデメリットでもありながら、信頼できる通販サイトの安心要素ともいえます。

>>信頼できる通販サイトの特徴

【2】健康被害の可能性

インターネットには偽物を販売している業者も少なくなく、全体の4割は偽物だったという大手製薬メーカーの調査がそれを裏付けています。

もし偽物を買ってしまうと本来の効果を得られないだけではなく思いもよらない副作用を起こす危険性も

最低限のリスクとして考えておき、何かが起こっても冷静に行動できるようにしておきましょう。

【3】救済制度の対象外

日本で売っている薬の場合は、もし入院が必要なほど重い副作用が起きても、国や製薬メーカーが治療費や入院費などをサポートしてくれます。

しかし個人輸入で入手した薬はそれの対象外なので、何が起きても自己責任。

もし本物を入手して飲んだとしても、飲み方によっては効果がなかったり副作用を強くしてしまうこともあります。

本物を買えたらそこで終わりではなく、正しい飲み方をマスターして効果的なED治療をするようにしましょう。

>>バリフの正しい飲み方

まとめ

個人輸入は海外医薬品を買える代わりに、偽物を買ってしまうかもしれないリスクもあります。

そこで重要なのは悪質な通販サイトにダマされないこと。

そのために信頼できる通販サイトからの購入を心がけ、リスクを最小限にするようにしましょう。