バリフの効果を100%発揮させるために

バリフの効果的な飲み方

バリフは飲み方を間違えると効きづらいどころか全く効かないことも。

バリフの飲み方をマスターして、効率よくED治療ができるようにしましょう。

\たった3分ですぐ買える!/

カマグラゼリー
カマグラゼリー

バリフはレビトラのジェネリックで安く効果的にED治療ができます

バリフの基本的な飲み方をおさらい

バリフの効果的な飲み方を知る前に、基本の飲み方をおさらいしておきましょう。

用法 勃起の改善、維持
用量 1日1回1錠(~20mg)まで
間隔 次の服用までは効果が切れてから24時間以上空けること

もし守らなかったら…??

たとえば1回の服用で2錠飲んだり、服用間隔を守らなかったりした場合どうなるかというと…

身体に大きな負荷をかけるだけではなく、思いもよらない副作用が起こる可能性があります。

ありがちなパターンとして、まだ持続時間のはずなのに効果が切れた?と思っても、身体のなかでは作用し続けていることも。

効果の効きや持続時間は体質や体調によっても変わるので、最低限のルールとして用量は守るようにしましょう。

サルでも分かる?効果的なバリフの飲み方

バリフは飲み方ひとつで効きが悪くなったり、全く効かなくなったりすることも。

1回飲むと次の服用までは24時間以上空ける必要があるので、そのときのセックスをムダにしてしまいます。

そうならないためにも、バリフの効果的な飲み方をマスターし、どんなシチュエーションでも本来の効果を引き出せるようにしておきましょう。

【OK】なるべく空腹で飲む

バリフは胃の中で消化されてから効果が出るので、なるべく消化のジャマをしないよう空腹の状態で飲むのがベスト。

飲むときのお腹の状態は効きの速さや持続時間などにも大きく関わってきます。

【OK】セックスの15分前に飲む

バリフは飲んでから1時間後に効果のピークを迎えるので、それに合わせてセックスの15分前に飲むのがベスト。

セックスといっても出会って3秒で挿入というわけではなく、キスやボディタッチ、前戯などで挿入までのタイムラグがあります。

なので、最初の挿入のタイミングで効果のピークを迎えられるよう上手く時間調整をしましょう。

【OK】セックス前の食事は軽めに

バリフは食事の影響を受けづらいことも特徴ですが、食べ過ぎもNGです。

また、脂っこい料理は胃の中に膜を張ってしまい、食べた量に関わらず消化の妨げになることも。

なので、バリフ服用前の食事は、量を抑えてあっさりめのメニューをチョイスするようにしましょう

~700kcalなら問題ないとされているので、外食でもメニューを上手く選べば問題ありません。

からあげやラーメンなどの脂っこいメニューは控え、野菜中心であっさりめなメニューをチョイスするようにしましょう。

バリフの効果を半減させるBADな飲み方

バリフの良くない飲み方

バリフを飲み慣れてくると自分の飲みやすい感覚で飲むようになりますが、それが悪い飲み方をしている場合も。

今一度自分の飲み方を振り返ってみて、悪い飲み方に当てはまるところがないかチェックしましょう。

【NG】満腹に近いときに飲む

病院や市販の薬は食後に飲むイメージが強いですが、ED治療薬のバリフを満腹時に飲むのはNG。

満腹の状態でバリフを飲むと胃の働きが薬の消化と食べ物の消化に分散してしまい、本来の効果が出ない可能性があります。

ED治療薬の効果がなかったとされる80%はこの理由なので要注意。

【NG】酔っぱらったときに飲む

お酒は血管を広げて血液の流れをよくしますが、量が多いと逆効果で身体に負荷をかけてしまいます。

たとえばその状態でバリフを飲む場合、効果の効きが本来より良くなってしまい、効果に比例して副作用も強くなってしまう危険性が…。

少量のお酒であれば脳の緊張をやわらげることができるので、いつも飲む量の半分以下に抑えて控えめに飲むようにしましょう。

【NG】グレープフルーツに注意

今となっては有名な話ですが、グレープフルーツに含まれるフラクノマリン酸という成分は、薬の効果を引き上げてしまう作用があります。

グレープフルーツはジュースだけではなく、ジャムやドレッシングなどの加工品、カクテルにも使われているのでバリフ服用前は要注意。

まとめ

バリフを飲むシチュエーションはさまざまで、飲むタイミングや状況はワンパターンではありません。

毎回ベストな飲み方ができないとしても、少しの工夫だけでそれに近付けることができます。

せっかく飲んだのに効果が出なかった!とならないよう、用法と用量を守りつつ効果的に飲むことを意識しましょう。